川崎市中原区中丸子の放課後等デイサービス|ライズ児童デイサービス平間

ライズ児童デイサービス平間

多機能型事業所 ライズ児童デイサービス平間

多機能型事業所とは、障害児通所支援(児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援)及び障害福祉サービス事業のうち、2以上の事業を一体的に行う事業所のことをいいます。
多機能型による事業所に係る指定は、多機能型事業所として行う指定通所支援の種類ごとに行います。

施設の特長Strong Point

施設の特長お子さま一人ひとりにあわせた支援

ライズ児童デイサービス平間では、アスペルガー症候群・ADHD・脳性麻痺・自閉症(スペクトラム)・広汎性発達障害など様々な障害をもつお子さまが利用しているため、一人ひとりに向き合い最適な支援を行っています。

施設の特長について詳しくみる

児童発達支援とはSupport

放課後等デイサービス(放デイ)とは児童発達支援とは、障害児通所支援の一つで、小学校就学前の6歳までの障害のあるお子さまが主に通い、支援を受けるための施設です。
日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、保育園や幼稚園のように遊びや学びの場を提供したりといった障害児への支援を目的にしています。
障害のあるお子さまが住んでいる地域で療育や支援を受けやすくするために設けられました。それまで障害種別だった施設が一元化されましたが、障害ごとの特性に応じた専門的な支援に特化した施設もあります。

放課後等デイサービス(放デイ)とはAbout Service

放課後等デイサービス(放デイ)とは放課後等デイサービス(放デイ)は、主に6歳~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が、生活能力向上のための訓練や社会との交流促進などのプログラムを受けるために、学校の授業終了後や夏休みなど長期休暇に通う施設の運営サービスです。

児童デイサービス・障がい児の学童保育とも称されることのあるこのサービスは、2012年まで障がいの種別に分かれ未就学児と就学児が共に通う形態でしたが、児童福祉法などの法改正があり就学児のための「放課後等デイサービス」として、障がいの種類に関わらず共通のサービスが受けられるようになりました。放課後等デイサービスの利用料については原則として1割が自己負担となります。
※残りのうち国が2分の1負担、都道府県と基礎自治体が各4分の1を負担する(所得により上限があり、自治体独自の補助を設けている場合もあります)。

ライズ児童デイサービス平間

ライズ児童デイサービス平間

〒211-0012 神奈川県川崎市中原区中丸子584の3番地【MAP

JR南武線「平間駅」より徒歩10分

TEL 044-750-8361
FAX 044-750-8362
学校がある日:13:30~17:30
学校がお休みの日:10:00~16:00

ご利用可能地域
川崎市中原区・幸区・川崎区、横浜市鶴見区・港北区

ご利用可能エリアを見る

お問い合わせ

横濱義塾

ライズとはAbout Company

ライズとはライズの放課後等デイサービスは、様々なプログラム(ダンスや工作、お菓子作りなど)を通じてお子さまの精神的・身体的機能を最大限に伸ばすこと目的として行っています。
家族や学校以外で交流できる機会を増やすことで集団生活への適応や基本的な技能習得を支援しています。

中原区にありますライズ児童デイサービス平間は、幸区・高津区・横浜市鶴見区・東京都大田区など、さまざまなエリアからほど近くに位置し、非常によい立地条件のもの、多くの方面からご利用をいただいております。
南武線「平間駅」より徒歩7分という利用のしやすさの他、国道「南部沿線道路」「尻手黒川道路」「多摩沿線道路」などの周囲のインフラも十分で、交通・通所にも大変便利です。

2012年(平成24年)4月より児童福祉法の改正から位置づけられた放課後等児童デイサービスより、ライズ児童デイサービスは比較的早い段階で同サービスを開始いたしました。障害児支援という立場から一貫したサービスを、現在も実施し続けているノウハウを如何なく発揮できるよう、常に一人ひとりが「子供たちの笑顔と成長」を目指しております。
社内研修・外部研修などにも積極的に参加・実施し、今後ますます変化する情勢に対応しながら地域に貢献していけるよう邁進しております。